[2]d-1.土縁の家-2     バウビオロギー APシステム(高断熱・高気密パネル)


冬に暖かい
・高断熱・高気密・全室暖房・計画換気の高性能・高耐久。
・冬は居間と和室と2階プレールームが20度から22度、洗面所やトイレなどが16度前後。寝室は18度前後と温度差が少なくなっています。
・浴室は真冬でも浴槽のお湯が冷めにくいので、あらためて熱湯を入れなくても翌朝にそのままのお湯で入浴できます。追い焚き釜はいりません。もちろん浴室は寒くなく、ぬるま湯で体に負担がかからないので、ゆっくりと入浴できます。洗面所でも寒くなく、湯上がりは裸や薄着でも過ごせます。
・冬のトイレは寒くなく、おっくうがることがありません。
夏に涼しい
・長い庇や簾などの工夫によって、室内が暑くなる日射を遮蔽します。
・真夏でも床下の温度は冷たい地熱(井戸水といっしょ、夏は冷たく冬は暖かい)から、ほぼ25度と一定の涼しさを室内に利用。
・窓や天窓の位置を通風が良く考えています。留守で窓を閉め切っても床下の断熱・気密換気口からの通風があり、室内が蒸れません。
・日射によって暖められた壁と屋根の熱は通気層と棟換気によって有効に排出されます。


「土縁の家」概要
 延床面積 212.65m2 
 暖房相当床面積 313.85m2 
 熱損失係数(kcal/h・℃)     325.88(全体) 
  1.03(m2当たり) 
 隙間相当面積 1.0cm/m2以下 
 暖房用エネルギー消費量 2200リットル 
 暖房設備容量 6600kcal/h 
 暖房方式      FFストーブ+FF温風ヒーター 
 計画換気 計量換気システム(バーコ) 


排気型計画換気システム(バーコ)+床下専用FFストーブ


←戻る