[2]d-5.レッドウッドの羽鳥湖の別荘

 システム(高断熱・気密パネル+集成材軸組) 
 福島県羽鳥湖の標高930mに建つ別荘。
 壁、屋根とも厚さ100ミリの24kg細繊維のグ
ラウール断熱・気密パネルで十分なのだが、試験的
試みが あって壁・屋根共にパネルの外側に50ミ
リ32kgの外断熱マグジオス工法を用いている。
 南に面している幅1間半(2m91cm)高さ7
尺5 寸(2m25cm)の2ヶ所計幅3間(4m
55cm) のL字形の大きな木製サッシ開口は、
外の樹立を借景でき、気持ちが良い。この大開口と
吹き抜けた大きな居間の空間と、薪ストーブがこの
別荘の魅力である。外壁のレッドウッドはすこぶる
耐候性のある木である。

南側外観 外壁レッドウッド(耐候性が大)
        
居間西側。2階天井 台所から居間を見る 居間から玄関を見る。 コーナーの木製サッシ  爽快で大きなウッドデッキ
壁スウェーデンパイン              玄関タタキに薪ストーブ。
                     床はカリン。
 樹立の中に建つ