札幌郊外の家

<  前  01  02    >

概要

札幌郊外の家外観

札幌郊外の家内観

札幌郊外の家は、Q値(熱損失係数)が0.78W/m2Kの超高性能住宅である。
外壁は付加断熱(グラスウール高性能24kの100+50mm)、屋根は断熱(同200mm)、トリプルLow-E木製サッシ、テラス戸はホームテクト佐藤製造のLow-Eペアガラスを使用している。 居間・食堂の大型テラス戸はアトリウムに囲まれている。 テラス戸は内側に断熱ブラインドのハニカムサーモスクリーンをつけている。 ポリエステルの不繊維で作られた、ダブルハニカム(蜂の巣)構造のスクリーン断熱である。

ドレーキップはユーロフェンスターで熱還流率が1.5W/m2k(ガラスの熱還流率1.025W/m2k)の超高性能。 トリプルで室内側ガラスはLow-E、室外側ガラスは熱反射である。ガスは建主の希望で入れていない。
回転窓はエリートフェンスター社の木製三層ガラス窓。同じくガスは建主の希望で入れていない。

居間の空間。木部は十勝カラマツ、壁は珪藻土と極めてシンプルな仕上げ。
床:十勝カラマツ、ソープ仕上げ。
壁:珪藻土
天井:十勝カラマツ、柿渋塗り。
他の木部:十勝カラマツ、柿渋塗り。

主な性能は下記の通りです。

屋根垂木
充填200mm
付加150mm
木製サッシ アルゴンガスLow-Eトリプルガラス
換気
マツナガ熱回収
熱損失係数Q値
0.80W/m2K

→外観、内観の写真をみる

<  前  01  02    >