10年前完成のグラスウール充填断熱の結露検証
2003年3月13日、10年前に建てた家の壁を剥いで、結露、乾燥、気密状態をチェックした。
結露の形跡が無く、杉柱の柱脚部分で含水率が8%前後と、壁中が乾燥状態で腐朽の恐れが無い。







クリックすると拡大します
■使用木材
柱  =秋田杉 ・・・含水率30〜40%
間柱 =秋田杉 ・・・含水率約25%
=米松 ・・・含水率約40%
根太 =S.P.F(2×4 ・・・含水率約18%
垂木  =S.P.F(2×8 ・・・含水率約18%

■断熱材
壁   (充填)  高性能グラスウール16kg     厚100mm
屋根断熱(充填)  高性能グラスウール16kg     厚150mm
基礎 (外断熱)  押出法ポリスチレンフォームB3  厚 50mm
今でこそ、含水率約12%の集成材や、約17%の無垢材などの人工乾燥木材を使用しているが、10年以上前は努力しても、上記のような天然乾燥程度の木材を使用せざるを得なかった。
含水率が約25%から約12%(完成数年後に木材含水率が安定)に木材が乾燥する間に、ドラム缶8本程度の水が発生する。最悪の状態では、この水分(水蒸気)が壁中に侵入した場合、冷却され内部結露が発生する。その恐れから、乾燥材を使用するようになった。
しかし、防湿層・透湿層・通気層の工法で壁体内の水蒸気は通気層に排出され乾燥状態で、結露による木材腐朽の恐れがないことが確認された。
断熱材と防湿・気密シートの劣化は見受けられない。

■10年後の気密試験
隙間相当面積
 完成当時  =0.64 cm2/m2
 10年後現在=0.80 cm2/m2
※10年後も1.0cm2/m2以下と気密性能の劣化が極めて少ない
戻る