2.健康で快適な住宅とは
●バランス良く考えられた良質な住宅
健康性、環境共生、省エネ、化学物質過敏症、環境ホルモン、バリアフリー

 住宅を考える場合、数多くの事柄が考慮される。今日的なテーマは健康性、環境
共生、省エネ、環境ホルモン、化学物質過敏症、バリアフリー、コストなどがあげ
られるが、他に下記のような数多くの要素がある。また、それぞれの要素がバラバ
ラではなく、予算に合いながら、有機的にバランス良く全体的に調和されるような
計画や設計が必要である。
 
[1]考慮される要素  
 (1) 自然環境   冬の寒さ・夏の暑さ、積雪量、日射量の過不足、強風、雨、
            海、川
 (2) 日常     家庭環境  家族、憩い、やすらぎ、団らん、家事、食事、
            睡眠、語らい、来客、趣味、家族構成、生活時間帯、将来
            の変化、子育て、老後趣味・文化環境      
                  (音楽、絵、手芸、園芸、家庭菜園)
            社会環境  コミュニティー、友人、知人
 (3) 非日常    行事------正月、お盆、お祭り、誕生日、結婚式、入学祝
            い、卒業祝い、葬式
 (4) 家族構成の変化 
            家族構成の変化に上手く対応する可変性の長寿命住宅
 (5) 機能・合理性 
            動線-------家事、収納、設備、省エネ
 (6) 健康、安全
         =バウビオロギー(生物学的建築)=人体に低負荷
            室内気候------温湿度、全室暖房、計画換気
                ・脳卒中の要因
                ・結露、ダニ、黴はアレルギー、アトピー、喘息
                 の要因
            室内環境-------自然素材や低負荷素材の使用
                ・合成化学物質の揮発性有機化合 物、農薬、防腐
                ・白蟻駆除剤、防虫剤の未使用
                ・合成化学物質は化学物質過敏症(免疫機能)
                 の要因やアレルギー、アトピー、喘息や癌など
                 の健康障害の要因
                ・合成化学物質の環境ホルモンは生殖機能の減少
                 生殖器の異常、癌などの健康障害の要因とされる
                ・電磁波は脳腫瘍や白血病などの健康障害の要因と
                 される
            家庭内事故-----段差、階段、浴室、便所防犯
 (7) 環境共生 
         =エコロジー=地球、地域環境にに低負荷
            自然素材・低負荷素材、省エネルギー、自然エネルギー、
            水と物質の循環・利用、建物の長寿命化
 (8) シェルター性(閉じる)と開放性(開く)の融合
          ○シェルター性(閉じる)
             [高断熱・高気密・全室暖房・計画換気]=省エネ
            熱----------寒さ、暑さ、暖かさ、涼しさ、蓄熱・熱容量
            光----------採光、日射・遮光、日照
            水蒸気----表面結露、内部結露、湿度
            音----------遮音、吸音、響き、残響
          ○開放性(開く)  
            通風、換気、大きな窓、広い開放的なプラン、外部と一体
 (9) バリアフリー 
            高齢になったり障害を受けたりした時のバリアフリー化は、
            時期的にも身体的にも個別対応が必要
(10) 景観     
(11) 耐久性    乾燥(床下、壁の中、木材)、長い庇、設備機器・配管
(12) 防災     耐震、防火
(13) リーズナブル
(14) 心理環境   情緒、感性、知性を満足させる楽しさ美しさ
            景観、家並、緑、芝棟、芝置屋根、花、記憶・思い出、趣味
(15) 外的条件   立地、敷地、建築法規
(16) 経済的条件  予算、面積、資金計画
(17) 住宅生産性  住宅生産製造エネルギーの配慮